福祉コンテンツ起業の準備ブログ

福祉コンテンツ・SNS・WEB制作でのサイト立ち上げのプレBlog

原発

luckチャン注目ニュース(28)

介護 介護,介護保険,介護IT,介護ロボットの情報サイト「セブンスラック」



原子力発電による費用について



立命館大学の国際関係学部教授で

環境経済学の大島堅一氏の話を



マル激トーク・オンデマンド 第523回(2011年4月23日)

『「原発は安い」は本当か』





東洋経済オンラインの2011年6月21日の記事

『原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ』をもとに




まとめますと・・・




原子力発電による

発電費用を算出するための

前提となっている

経費について

試算が楽観的だったり

抜け落ちていることがあり

実際は

自然エネルギーよりも

高くなる可能性が指摘されています




まず




国は原子力発電費用の計算に

「発電費用」(燃料費や人件費等)と

「バックエンド費用」(使用済燃料の再加工や処理費用)

しか算入しておらず




特に「バックエンド費用」は

現在半分しか処理能力のない状況での資産で

あと半分の処理費用が

見積もられていない




また




今回のような原発事故に関する費用





原発誘致の補助金や交付金も

含まれていない




それに

原発の余剰電力を有効活用する

揚水発電が

原発立地には不可分だが

その費用も外されている




そして




全体の7割が支出されている

技術開発費や立地対策費が

特別会計として

税金から

支出されており

必要なコストの一部に

税金が使われていることもあり

原子力発電費用は

実際より

安く

見積もられていると指摘されています




そして




これだけの費用があれば

風力発電や太陽光発電を

市場でテイクオフできるとの話。

人気ブログランキング

luckチャン注目ニュース(19)

引き続き、著名な経済学者の池田信人さんの

ニューズウィーク日本版での

原発事故後のエネルギーについてコラムの抜粋や要約

(2011年6月2日「脱原発の主役は自然エネルギーではない」)より




原発が危険だからやめようという気持ちはわかるが

海外の専門家の見方では

再生可能エネルギーで原発の穴を埋めるのは無理



脱原発のドイツは

フランスから電力を輸入

再生可能エネルギーの補助金のため

電気料金はフランスの2倍



ソフトバンクが自治体と計画しているメガソーラー発電所10基で

原発の半分以下の出力



実際に原発の代わりに使われているのは

天然ガス



東電はガスタービン発電所の建設を急いでいる



天然ガスの価格は3年で3分の1

石油のほぼ半分

二酸化炭素排出量も少ない

出力は火力発電なみ

熱効果率は火力の1.4倍

小型で環境汚染が少なく都市向き

建設費も石炭火力発電所より安い



太陽光発電などと組み合わせて

エネルギー効率を高めるイノベーションで

日本経済の新しい成長産業になる可能性あり


以上(2011年6月2日「脱原発の主役は自然エネルギーではない」)より

人気ブログランキング

luckちゃん注目ニュース(18)

福祉コンテンツの事業準備ブログなのに、原発ニュースに注目しています

著名な経済学者の池田信人さんの

ニューズウィーク日本版での

原発事故後のエネルギーについてコラムの抜粋や要約

(2011年5月26日「エネルギー問題に万能薬はない」より



再生可能エネルギーは電力会社の設備投資計画の1%未満で

とても量的に足りない。(あと10年で20倍にもならない)



原発を減らすには火力発電しかない

ただ、燃料費がかさみ結局は電気料金が大幅に上がる



ソフトバンク孫正義氏

19都道府県と協力して立ち上げた

「自然エネルギー協議会」の推進でも
 
コスト的にも採算が合わないことは

孫氏が

再生エネルギーへの補助金を20年に延長要求していることで明らかの計画



つまり経済性からは、

脱原発とは、火力発電所を増やすこと



しかし・・・



環境への影響が最悪



なので・・・


環境汚染を重視するか

電気代を重視するか


民意を問うてはどうかとのこと


ただ、


国民投票で脱原発を決めたスウェーデンやドイツも

脱原発ができていないし


原発を建設しなかったイタリアは電気代が欧州最高

風力発電で電力20%をまかなうスペインは補助金で財政が破綻


以上(2011年5月26日「エネルギー問題に万能薬はない」)より 人気ブログランキング

luckチャン注目ニュース(17)

さらに原発の現状について悲観的なニュース(2011年7月27日ニューズウィーク日本版


の抜粋。


循環注水冷却がトラブル続きで

事故後4か月が経ったが、まだ原子炉の安定ができていない



メルトダウン(炉心溶融)を超えて

メルトスルー(溶融貫通)があったことを3か月後に認めている



核燃料棒が解けて炉外に溶け出した場合

冷却することは困難を極める



普通の原子炉の廃炉に30年程度必要

福島第一は破壊がひどく事故処理には100年以上かかる可能性があり

現在生きている日本人が廃炉を見届けることはできないかもしれない



また、費用についても

イタリアにある同タイプの廃炉に7000億円かかる予定で

福島原発の廃炉はその何倍も必要になる可能性



爆発を起こしたチェルノブイリは廃炉にできず

今も放射能レベルが下がるのを待っている



福島原発の場合も燃料集合体が

どこに流れ出したのか分からず

壁まで汚染されて

どうやって放射制物質を取り出すのか

もはや誰にも分からないとのこと



さらに

メルトスルーしたウランが地下水を汚染している可能性あり 人気ブログランキング

luckチャン注目ニュース(16)

原発汚染の実情についてのニュース(2011年9月9日ウォールストリートジャーナル日本版




日本政府系機関が今週発表した内容を踏まえた記事より




事故後の3月15日に降った雨によって

風向きが変わり

はるか内陸にまで運ばれた

大気中の放射性物質が広範囲な地域に降下



原発から北西の広範囲は、20キロの境界を越えて

人が住めないほど汚染された



政府はこの地域住民の避難を4月下旬に決定



運悪く3月15日は

原子炉格納庫容器の一部である圧力抑制室に大きな穴が開き

その穴から有害物質が大気中に漏れ出した日だった



3月に放出された放射性物質は約半分が海に降下したと推測 人気ブログランキング

http://sevensluck.p2.bindsite.jp/

 

http://sevensluck.p2.bindsite.jp/pg115.html

 

http://sevensluck.p2.bindsite.jp/pg97.html

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ