福祉コンテンツ起業の準備ブログ

福祉コンテンツ・SNS・WEB制作でのサイト立ち上げのプレBlog

医療技術

luckチャン注目ニュース(10)

介護,介護保険,介護IT,介護ロボットの情報サイト「セブンスラック」



最近、精神科についての書籍をよく目にするので

この「うつ病」についてのニュースに注目。

「広島大の山脇成人教授(精神神経医科学)らの研究グループがうつ病の診断に、脳細胞を活性化するたんぱく質の遺伝子の働き具合を指標とする新しい方法を開発した。」(2011年8月31日読売新聞)

そうです。

中程度のうつ病で、59~30歳の男女計20人の血液を採取し、・・・調べた。その結果」(同上)


うつ病患者の血液中には相対的に少ない」(同上)


「記憶や神経細胞の発達に必要な「脳由来神経栄養因子(BDNF)」(同上)



「20人全員の血液で、ほとんど機能していないことを確認した
。」(同上)

とのことで、

現在

「うつ病の診断は、医師の臨床所見による主観的判断行われている」(同上)



「採血から2日後にほぼ確実に診断できるという。」(同上)

この検査方法により

「症状の早期発見や投薬治療の効果を調べる」(同上)

ことができるようになるとのこと。
人気ブログランキング

http://sevensluck.p2.bindsite.jp/



http://sevensluck.p2.bindsite.jp/pg115.html



http://sevensluck.p2.bindsite.jp/pg97.html


 


 

luckチャン注目ニュース(2)

人間というのは、本当にすごい生命体だなぁ~((=゜エ゜=))と思うことがありますがぁ~、

今日はそんな人体の不思議ニュースのご紹介をさせていただきまーす。

今まで、NBS1という
放射線からDNAを修復するたんぱく質(初めて聞きましたぁ~)が、

重篤なDNA損傷に対して再結合を行うことや、

再結合の間の細胞増殖を停止させること等は

解っていたそうですが・・・(・◇・)ゞ?、

それ以外にも、複雑で統一的なコーディネート(指令)を行うたんぱく質である可能性が高くて(ホー)、


紫外線(太陽光)によるDNA損傷にも機能していることが解ったそ~でw(゚o゚)w オオー!、

このたんぱく質機能をコントロールする方法を開発して(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!、

放射線治療や抗がん剤の増感や免疫機能を人工的に低下させる

医療技術の開発が期待されているそうでーす。(⌒?⌒)?


BlogPaint


















さら~に!

110年前の1895年にレントゲンが発見した

電離放射線である
X線の発見時に、

なぜ既にヒトの細胞が電離放射線から防護する

DNA
修復機構を持っていたのかは

未解明となっているそ~でΣ(・ω・ノ)ノ、

今回の発見は電離放射線に対する人間の修復機構の

起源を探る重要な手がかりともなるのだそ~です。

人気ブログランキング
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ